So-net無料ブログ作成

SKIN&LAB 5種類のビタミンクリーム

帝王の娘 スベクヒャン5-6話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン5-6話

■キャスト
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド



5話

王暗殺の罪を認めなければ 皆殺しにするというユン。

兵士の人数で 勝るぺク・カの部隊に対し、
ユンは 密かに 隠密部隊を 忍び込ませ ぺク・カの部下達を殺す。

孤立する ぺク。

チェファは ユンと 面会して 父の命乞いをしようとする。

亡くなった王へ 祈りをささげようとするチェファに、
「お前は罪人の娘だ。線香をあげるな」と冷たく言い放つユン。

チェファは ユンの子どもを 身ごもったことを告げようとするが、
ユンの 冷たい視線に 話をすることができず、立ち去るチェファ。

ユンは 密かに ぺクの部屋を訪れ 自害するよう剣を 渡す。

「ユンのために王を殺した。」
「王を殺したら娘を王妃にしてくれると約束した。」というぺクに

「チェファが言ったのか? 私が王位につけば王妃になれると?」
「ずる賢いやつだな。娘を売ってのし上がろうとしたのか!」
と怒るユン。

「へ・ネスクが言った」という言葉に ますます怒るユン。

「娘を助けたいなら 潔く 罪を認め 自害しろ」というユンの言葉に、
進退きわまったペク・カは 自害の道を選ぶ。

城に火が放たれ、逃げようとしたチェファだったが、
自害した 父のなきがらを見つけ、一緒に死のうと決意する。

~~~

ユンに 子どもができたことを告げることができなかった チェファ。
このことが 後々、おおぜいの人の 運命を 左右することになります。



→ 帝王の娘 スベクヒャン 6話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン3-4話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン3-4話

■キャスト
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド

3話

チェファは 東城王が ユンに嫉妬して 戦地へ送ろうとしていると
不安を口にするが、ユンは 信じようとしない。

チェファは 二人で 王様の元を離れ、茅葺の家に住んで、
畑を耕して暮らしたいと話す。

ユンは 自分には 息子がいるので こんどは 娘を生んでほしいと言い、
娘が生まれたら、名前を「スベクヒャン(国を守る伝説の花)」にしようと言った。

実は その時、チェファのおなかには 子どもが授かっていた。
そのことを話そうとしたとき、家来が 知らせを持ってくる。

狩りに出かけた東城王が 毒矢で襲われ、瀕死の重傷を負ったというのだ。
急いで 王のところへ駆けつけるユン。

すでに瀕死の状態の王は ユンに 息子を守ってくれと言い残し、
息を引き取る。

王の暗殺に成功した ペク・カは チェファに「お前は王妃のなる」
「馬車が お前を迎えに来る」といって 大喜びする。

父が 王の暗殺に 加担したのではないかと思ったチェファは、
ユンは 王様を 暗殺した者を 絶対に 許さないと言って、 
ユンの 復讐を恐れるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ユンを 王座につけたい へ・ネスクの 陰謀に 踊らされ
王の暗殺者となってしまったぺク・カ。

ユンと チェファの 運命は 徐々に 別々の方向へ動き出す。

ユンはすでに結婚して 子どももいたのね。
奥さんは 亡くなったのかな。

→ 帝王の娘 スベクヒャン 4話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン
韓ドラは やっぱり 時代劇がいいな~。

「商道」のイ・ジェリョンつながりで 見始めたけど、
だんだん やみつきなる いつものパターン。

チャンネル銀河では 3話一挙放送みたいで、
次から次へと 難問が起こり、それを主人公が どう解決するか。

見逃すと ストーリーがわからなくなる ハラハラドキドキ、
病みつきになるドラマです。

最初は あまり面白くなかったので 適当に見てたけど、
面白くなって 見直してあらすじ整理してみました。

オープニングで
ソルヒ役のソウさんと ソルラン役の ソ・ヒョンジンさんの
鬼気迫る 対決場面からスタートしました。

二人の関係は?どうなるの? それは終盤のお楽しみですね。


物語の 歴史背景
4世紀末 半島の中部をほぼ掌握し、大きな勢力を持っていた百済は
高句麗の広開土王の南下政策により、多くの領土を奪われました。

これに対抗すべく、倭や新羅と手を結んだが、高句麗の侵攻は防げず、
首都は陥落。熊津(ウンジン)に遷都し 国力回復に努めていました。

物語の 6世紀ごろは
24代東城王と 25代の武寧王の頃で、国土の損失を ある程度取り戻し、
首都を泗泚(サビ)に移し、王権の強化を図っていた頃です。

ムリョン王は 新羅や伽耶と連携して さらに 高句麗に奪われた 
漢江下流地域を 奪回しようとしていた頃の お話しです。

キャスト

最初は スベクヒャンが 生まれる前のお話しなので 
スベクヒャンは 出てきません。

チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド



帝王の娘 スベクヒャン 1話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。