So-net無料ブログ作成

SKIN&LAB 5種類のビタミンクリーム
韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン ブログトップ

帝王の娘 スベクヒャン17-18話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン17-18話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





17話

姉を探す ソルヒに「人探しか?」と尋ねるチンム公。
恐怖で かんざしを握りしめ、走り去る ソルヒ。

しかし、血の付いた靴を落としてしまい、チンムは それを見て怪しみ、
部下に ソルヒを 探すよう言いつける。

後をつけられているのに気づいたソルヒは 自分が 落ちそうになった
崖に 男を 誘導し、崖から 落とそうとした。

崖から落ちそうになった男は 手を伸ばし、ソルヒに助けを求めるが、
ソルヒは かんざしを男の手に突き立て 男は 崖下に落ちて死んでしまう。

男の死体をみつけたチンムは ソルヒを 探そうとしたが、ミョンノンが
近くにいるのを知り、会うのを恐れて 引き返す。

ミョンノンは 煙が上がっているのを見つけ そこへ向かった。
そこはチェファたちの家だったが、何者に襲われた様子を見て、
王様が待っている女人が襲われたなら 王様の身にも危険が迫っていると、
急きょ 王宮に戻るミョンノン。

頭のおかしい女人のふりをして ミョンノンをやりすごしたソルランは
医者の元へ行き、薬をもらって 急いで母の元へ戻ろうとしていた。

男をかんざしで刺して殺してしまった恐怖で震え 口もきけないソルヒは
何とか母の元へたどりつく。

意識を取り戻したチェファは 両眼を奪われたのは 父を殺したユンのことを
思い続ける自分のことを 父が怒って 二度とユンの 姿を見られないようにしたのだと思う。

そして、ユンに スベクヒャンと ソルヒを守ってもらうしかないと考える。

無言で戻った ソルヒ。ソルランが ソルヒに渡したかんざしを 手で確認したチェファは そこにいるのが ソルランだと勘違いしてしまう。

何を聞いても 恐怖で 声を出せないソルヒに ソルランだと思いこんで話始める チェファ。

「クチョンは お前のお父さんではないの。ソルラン。お前の父親はね
百済の 王様なの」「お前の本当の名前を 告げれば わかるはず」
「お前の 本当の 名前は ソルランではなく スベクヒャンなの」

「王様は お前と私を待っているわ。でも私はもう王様を見られない。
お前は 名前を告げて 王様に会うの。すべてをお話しして 助けていただきなさい。そして、ソルヒも 救うの。これしかお前たちを救う方法はないの」

「ソルラン!王様に会うと約束して。お前にこのかんざしを託すわ。
このかんざしを見れば 王様も おわかりになる」と言って
頭のかんざしを 渡そうとしたが、逃げる途中で 落としたことに気づく。

「あのかんざしを 覚えているでしょう。王様はあのかんざしで 私の髪を結ってくださったの あのかんざしを さがして!」

そう言って ソルヒの顔にふれたチェファは それが ソルヒだと知り
ハッとする。

「お前は ソルヒだったのね」「ソルランを呼んできて!」「ソルラン!」
息もたえだえに ソルランを 呼ぶチェファ。

ソルヒは 衝撃の事実を知り、ソルランには 知らせてはいけないと思う。
洞窟を出て ソルランを待つソルヒ。

チェファの 命は 尽きようとしていた。
薬を持って必死で 母の元へ走る ソルラン!

→ 韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン 続きを見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン15-16話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン15-16話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





15話

へ・ネスクを見て 驚くチェファ。
王様が 探しているというが チェファは 王様とは もう赤の他人だと言った。

へ・ネスクは 王様は チェファ様が死んだと思っていたと話すが、
チェファは 「自分は 王様にとっては 罪人の娘。私にとって 王様は 私の父の命を奪った人。私には 父を奪われた恨みがあるから あうことはできない」と告げた。

へ・ネスクは 王様からの手紙を チェファに渡し 帰って行った。

手紙には「満月の夜に 待っている。あなたが来るまで 待っている。
ひと目だけでも姿を見せてくれ あなたの無事を確認したい。
私の気持ちを無視しないでくれ。私の心は切なくてたまらないのだ」と書かれてあった。

チェファは 心労で 気絶してしまい 熱を出し寝込んでしまった。

へ・ネスクと 王様のただならぬ様子に へ・ネスクを見張らせていたチンム。
部下の報告で へ・ネスクが ぺク・カの娘 チェファと会っていたと知り、激怒する。

「自分の父親の敵ぺク・カの娘 チェファが生きていて ユンと 通じていた」と思い、
父の仇を討とうと チェファを殺すと怒る。

部下は 本当の敵は 王様なので チェファを使って ユンと ミョンノンを 捕まえようと言った。

子どもを人質にとり、チェファに 先王の暗殺された真相を聞き出すと言うチンム。
密かに チェファの元へ 刺客を送った。

そのころ心労で倒れたチェファは 窓から 満月を見ていた。
静かに起き上がり、身支度をして ユンからもらったかんざしを挿す。

そして、ユンの待つ楼閣の近くまで来たチェファは 陰からユンを見つめる。
そのチェファを 後ろで見つめる クチョンがいた。泣きながら家に帰るクチョン。

しかし、チェファは ユンの姿を見るためだけに来たのだ。
もう二度と会わないと 決意し、そっと家に戻るチェファ。
そんなチェファを 泣きながら 抱きしめるクチョン。

その時、クチョンの背中に 矢が刺さる!チンムが 差し向けた刺客だ。
クチョンをかばったチェファは 両目を切られてしまう。

物音に気付いた 近所の人たちも 全員切り殺されてしまう。
ソルランとソルヒは 目の見えないチェファを抱えて必死で逃げる。

最後まで 家族を守ろうとしたクチョンは 刺客の前に立ちはだかったまま動かなくなった。

~~~~

異母兄妹とも知らず、妹を 悲惨な運命に陥れてしまったチンムが かわいそう。

いつまで 王様は 本当のことを隠しておくつもりなんでしょうか。
実の父と子なのに チンムに厳しく接するユンのせいで 悲劇がおきましたね。

二度までも チェファを悲惨な運命に陥れてしまったユンです。

王様と チェファを引き裂いたへ・ネスクだった。
王様が 今でも チェファを思っていることを知り、
王様のために チェファを 連れてこようとしたことが悲劇の始まりでした。

→ 韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン 続きを見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン13-14話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン13-14話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





13話

ソルヒが 王様を見に行くと言う。
ソルランは 止めるが 一人でも行くと言い張るソルヒ。

食いしん坊の ソルランは おいしいものを食べられるという友達の言葉に負け、母には 内緒で 一緒にカヤに 行くことにした。

母の糸巻きを 隠し、糸を買いに行くという口実を作る二人。

ソルヒは おめかししようと 母のかんざしを 見つけ 手に取るが、
それに気づいたチェファは 「勝手に触らないで!」とソルヒから奪い取る。

それは ユンからもらった大切なかんざしだった。

母の行動に傷ついて 家を飛び出す ソルヒ。

みんなが 王の到着を 待っている頃、王の暗殺計画が 着々と進んでいた。
チェファは 娘たちが 王様を見に行ったことを知り あわてて後を追う。

王は そんな状況も知らず、久々のカヤに チェファのことを思っていた。

→ 韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン 続きを見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン11-12話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン11-12話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





11話

ミョンノンは 高句麗の 密偵を捕まえた。

一方、チンムは 王に許しを請いに来るが、武寧王は
「それでも 東城王の息子か!」と激しく 怒り 追い出してしまう。

ミョンノンは チンムを許すよう 王に 口添えする。

チンムに 王が 怒るのはチンムを 寵愛しているからだと言うミョンノン。
チンムのことになると 冷静さを失うのが その証拠だと話す。

しかし、チンムは 王が 自分のことを目障りに思っていると 話す。

武寧王は 新しく王妃に迎えたウネ王妃の元へ向かう。
ウネ王妃は へ・ネスクの娘だが、まだ年若く 幼い王妃だ。

王妃は ネスクと二人になると 父と娘に戻り、王様が 自分のことを 
女としてみてくれないと 泣く。
そして、チェファのことを王様が 忘れられないと話す。

ミョンノンの為の宴の席で 王は チンムに 「先王の東城王に学べ」と
話すが、チンムには それが面白くない。

チンムを 育てた 先王の家臣 ヨン達率は チンムのことを「太子」と呼び、
チンムが 王座につくべきだと 教え込んでいた。 


チンムは 王が カヤに 出向いたとき、暗殺する計画をしていると話す。

→ 韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン 続きを見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン9-10話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン9-10話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





9話

クチョンは チェファに 買ったかんざしを 差し出すが、
チェファは それを使う気にはなれない。

チェファは 近所の おばさんたちとも うちとけるようになり、
洗濯や ご飯の炊き方を教わる。

農村での 暮らしに疲れて 眠るチェファを見て、
クチョンが 恐る恐る その顔に 触れようとしたとき、
チェファが気づき 驚いて、家を飛び出していく。

飛び出したチェファだったが、突然の 嵐に 立往生するチェファ。
そこへ クチョンが 雨除けを持って走りより、
土下座をして 必死に謝り 立ち去ろうとした。

どうしても 泣き止まない ソルランを見つめ、
チェファは クチョンの後を 追いかけ、二人で 家に戻る。

チェファが クチョンの優しさを感じ始めた頃、
仕事に出かけたはずの クチョンが 戻らなかった。心配するチェファ。

クチョンは チェファの父 ぺク・カの 遺骨を持って帰ってきた。
父の骨を 庭に埋め 泣き崩れるチェファ。

クチョンが 父の遺骨を 探してくれたと知り、クチョンとの 縁を感じた チェファは 
ユンとの思い出のかんざしをはずし、箱にしまいこむ。

そして、クチョンのくれたかんざしをつける。
驚く クチョンに話しかけるチェファ。

「あの人は 夫になる人だと思った。でも、天は無慈悲で あの人が父を死なせた。」
「死のうと思ったけれど、お腹の子のことを思い死ねなかった。」
「産んだら死のうと思ったけれど、生まれた子を見たら死ねなかった」
「過ぎた日々が夢のようで、この子と共に生きたい」

「前に 私の靴を拾ってくれたわね。なぜか気になって振り返った。」
「その理由がわかったわ。私の夫になる人は あの方ではなく、
あなただったんです。それが 私の運命なんです。私を受け入れて・・・」

驚いて 家から飛び出したクチョンだったが、恐る恐る家に戻り、
震えながら チェファを 抱きしめる。二人は夫婦になった。

やがて 2年が過ぎ、二人の間にも 女の子が生まれた。

お嬢様だった チェファも 農家の おかみさんになり
幸せに 暮らしています。

やがて 17年の月日がながれ、二人の娘は 美しく 成長した。

~~~~~

口もきけず、耳も聞こえない クチョンの想いが 
やっと伝わりましたね。

→ 韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン 続きを見る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン7-8話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン7-8話

■キャスト
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド



7話

チェファが死んだと聞かされたユンは チェファを探すことをあきらめ、王になることを決意する。

即位式の準備をしているとき、東城王の息子 チンムと 自分の息子ミョンノンが 似ていると 
内官に 言われたユンは 密かに 二人の服を取り返させ、
自分の息子と 先王の息子を 入れ替える。

先王の息子 チンム太子を守るためだと言って 内官に口止めし、
自分の息子を 先王の息子 チンム太子として 先王の 忠実な家臣 
ヨン・ブルテに 預け、王宮の外に住まわせることにした。

ユンが 百済の 武寧(ムリョン)王として 即位するころ、
クチョンにとチェファは、伽耶(カヤ)の地にたどり着き、
チェファは ユンの子ども出産しようとしていた。

→ 帝王の娘スベクヒャン 続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン5-6話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン5-6話

■キャスト
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド



5話

王暗殺の罪を認めなければ 皆殺しにするというユン。

兵士の人数で 勝るぺク・カの部隊に対し、
ユンは 密かに 隠密部隊を 忍び込ませ ぺク・カの部下達を殺す。

孤立する ぺク。

チェファは ユンと 面会して 父の命乞いをしようとする。

亡くなった王へ 祈りをささげようとするチェファに、
「お前は罪人の娘だ。線香をあげるな」と冷たく言い放つユン。

チェファは ユンの子どもを 身ごもったことを告げようとするが、
ユンの 冷たい視線に 話をすることができず、立ち去るチェファ。

ユンは 密かに ぺクの部屋を訪れ 自害するよう剣を 渡す。

「ユンのために王を殺した。」
「王を殺したら娘を王妃にしてくれると約束した。」というぺクに

「チェファが言ったのか? 私が王位につけば王妃になれると?」
「ずる賢いやつだな。娘を売ってのし上がろうとしたのか!」
と怒るユン。

「へ・ネスクが言った」という言葉に ますます怒るユン。

「娘を助けたいなら 潔く 罪を認め 自害しろ」というユンの言葉に、
進退きわまったペク・カは 自害の道を選ぶ。

城に火が放たれ、逃げようとしたチェファだったが、
自害した 父のなきがらを見つけ、一緒に死のうと決意する。

~~~

ユンに 子どもができたことを告げることができなかった チェファ。
このことが 後々、おおぜいの人の 運命を 左右することになります。



→ 帝王の娘 スベクヒャン 6話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン3-4話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン3-4話

■キャスト
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド

3話

チェファは 東城王が ユンに嫉妬して 戦地へ送ろうとしていると
不安を口にするが、ユンは 信じようとしない。

チェファは 二人で 王様の元を離れ、茅葺の家に住んで、
畑を耕して暮らしたいと話す。

ユンは 自分には 息子がいるので こんどは 娘を生んでほしいと言い、
娘が生まれたら、名前を「スベクヒャン(国を守る伝説の花)」にしようと言った。

実は その時、チェファのおなかには 子どもが授かっていた。
そのことを話そうとしたとき、家来が 知らせを持ってくる。

狩りに出かけた東城王が 毒矢で襲われ、瀕死の重傷を負ったというのだ。
急いで 王のところへ駆けつけるユン。

すでに瀕死の状態の王は ユンに 息子を守ってくれと言い残し、
息を引き取る。

王の暗殺に成功した ペク・カは チェファに「お前は王妃のなる」
「馬車が お前を迎えに来る」といって 大喜びする。

父が 王の暗殺に 加担したのではないかと思ったチェファは、
ユンは 王様を 暗殺した者を 絶対に 許さないと言って、 
ユンの 復讐を恐れるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ユンを 王座につけたい へ・ネスクの 陰謀に 踊らされ
王の暗殺者となってしまったぺク・カ。

ユンと チェファの 運命は 徐々に 別々の方向へ動き出す。

ユンはすでに結婚して 子どももいたのね。
奥さんは 亡くなったのかな。

→ 帝王の娘 スベクヒャン 4話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

帝王の娘 スベクヒャン [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン
韓ドラは やっぱり 時代劇がいいな~。

「商道」のイ・ジェリョンつながりで 見始めたけど、
だんだん やみつきなる いつものパターン。

チャンネル銀河では 3話一挙放送みたいで、
次から次へと 難問が起こり、それを主人公が どう解決するか。

見逃すと ストーリーがわからなくなる ハラハラドキドキ、
病みつきになるドラマです。

最初は あまり面白くなかったので 適当に見てたけど、
面白くなって 見直してあらすじ整理してみました。

オープニングで
ソルヒ役のソウさんと ソルラン役の ソ・ヒョンジンさんの
鬼気迫る 対決場面からスタートしました。

二人の関係は?どうなるの? それは終盤のお楽しみですね。


物語の 歴史背景
4世紀末 半島の中部をほぼ掌握し、大きな勢力を持っていた百済は
高句麗の広開土王の南下政策により、多くの領土を奪われました。

これに対抗すべく、倭や新羅と手を結んだが、高句麗の侵攻は防げず、
首都は陥落。熊津(ウンジン)に遷都し 国力回復に努めていました。

物語の 6世紀ごろは
24代東城王と 25代の武寧王の頃で、国土の損失を ある程度取り戻し、
首都を泗泚(サビ)に移し、王権の強化を図っていた頃です。

ムリョン王は 新羅や伽耶と連携して さらに 高句麗に奪われた 
漢江下流地域を 奪回しようとしていた頃の お話しです。

キャスト

最初は スベクヒャンが 生まれる前のお話しなので 
スベクヒャンは 出てきません。

チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
ペク・カ役(チェファの父):アン・ソクファン
東城王役:チョン・チャン 
クチョン(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
マックム役:イ・ミド



帝王の娘 スベクヒャン 1話へ 続く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。