So-net無料ブログ作成

SKIN&LAB 5種類のビタミンクリーム
韓国ドラマ 王女の男(姫の男) ブログトップ
前の10件 | -

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)最終回 24話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)最終回 24話
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)最終回「永遠の愛」

スンユは危険を冒して山奥にやって来たセリョンと再会する。「シン判官が私を人質にして、あなたを捕らえようとしています。」と言うセリョン。「それを言うために来たのか」と言うスンユ。うなずくセリョン。スンユは セリョンを アジトに連れて行き「私の妻だ。」とイ・シエたちに紹介する。

シン・ミョンは激怒し、すぐに兵を集めて山を捜索。しかし、スンユたちの兵が 待ち構えていて襲撃され、ミョンも殺されそうになり、代わりに部下が命を落とす。

スンユは「戦いで血まみれになることもある。そんな時、俺は獣なのか人なのかわからなくなる。」と言うスンユ。「私にはこの上なく愛しい人です」と言うセリョンの言葉に慰められるスンユ。

スンユは これから激戦となるので 都の寺に戻るようセリョンに話す。セリョンは スンユの大望が果たせるよう「必ず、生きて戻って下さい。」と言って都へ戻った。

一方、世祖は スンユを倒せないミョンに怒り狂い、ハン・ミョンへを援軍に送り込む。ミョンへは ミョンに「王様は 未だに反乱軍を鎮圧できぬそなたにお怒りだ。この戦いで必ず、反乱軍を壊滅せよ。それが王様の信頼を回復する道だ。」と言った。

スヤンが 自分を信用していないと知ったミョンは 怒りに燃え信頼を得ようとスンユと一騎打ちの戦いをする。それを見たミョンフェが「スンユに矢を射よ!」と指示を出す。「シン判官に 当たってしまいます」という声を 無視して矢を射るミョンフェ。

矢は ミョンに刺さってしまう。「なぜ、官軍がお前を!」と驚くスンユだったが、怪我をした ミョンに一緒に逃げようと言うが、「お前たちは いつも俺に惨めな思いをさせる。ジョンに 先に会いに行く。行け~!」と叫びミョンは スンユの前に 立ちふさがり矢で射られて 死んでしまった~!

逃げ伸びたスンユは「都の守りが手薄になった今、都を責めて混乱させます。」と話す。しかし裏切り者が出て、アジトが奇襲されイ・シエが捕まってしまう。「必ず、大義を果たせ」と言う伝言を聞くスンユ。

都に戻ったセリョンは 寺でキョンヘと再会。そしてスンユの子を身ごもったことに気づく。

夢に 端王が出て来て 不安を感じたスヤンは 僧法寺へ供養に行くと言いだす。「スヤンが宮殿を出た。好機だ。」と言うソクチュ。「俺はスヤンを討ちにいく。」と言うスンユ。一緒に行くと言う ソクチュに最後の言葉をかけるスンユ。

「いつも苦しかった。息もできなかった。もう荷を下ろしたい。誰も代わることのできない、俺だけの戦いだ。」と言って「兄貴には頼みたい事がある。僧法寺には妻がいる。俺が死んだら 妻は不幸になる。妻を頼む。どうか妻を支えてくれ」と話すスンユ。「必ず、再会しよう。」とスンユと約束するソクチュ。
 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」23話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」23話
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)23話「王室からの抹消」

セリョンは挙兵のため地方に向かうスンユに迷惑をかけぬよう、都に残ると決めた。スンユは 別れの前にセリョンに指輪を差し出す。「俺の妻になってくれるか?」と聞くスンユ。「私の夫になってくださいますか?」と言うセリョン。

指輪をはめるスンユ。「私たちは夫婦だ。離れていても 互いの影になろう。」「死ぬまで私たちはひとつです」抱き合うスンユとセリョン。

翌朝、セリョンは 原因不明の病を患っている弟スンのいる私邸に戻った。それを知ったミョンがセリョンに会いに来た。「キム・スンユはどこにいる?」と聞くミョン。「あの方は私の夫です。これ以上、聞いても無駄です。」と答えるセリョン。

「夫婦の契りを結んだとでも?」と言って指輪を見て「こんな指輪!」と指輪を投げ捨てようとするる。「指輪を奪っても、私たちを引き離せません。」「何があったのだ?一夜を共にしたのか!」と怒って言うミョン。「私たちのことを教える必要がありますか?」と毅然として話すセリョンに「私たちだと!もう、そなたの心を掴もうとはせぬ。だが、体は私のものだ。」と言ってセリョンに乱暴しようとするミョン。

「姉を苦しめるな」と病のスンが出て来て、ミョンを追い払った。すぐに父の世祖が スンユの居場所を問いただしにやって来るが セリョンは「私は お父様を殺そうと思った事はありません。以前のお父様に戻って欲しいだけです。」と静かに言う。

世子スンはうわごとで「上王様と文宗王が手招きしておいでに・・・」と言って宙を指をさし、亡くなってしまった!スヤンは「お前がキム・スンユと組んで、スンを追い詰めた!」と怒り狂い、「セリョンの記録を 抹殺せよ。二度と私の前に姿を見せるな」と命じる。娘は1人しかいないと言うスヤン。
 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)22話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)22話
総集編再放送お楽しみに!
BSプレミアム 1月5日(土)、12日(土)午前8時30分~9時30分
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)22話「哀(かな)しき友情」

シン・ミョンは隠れているスンユを出てこさせるため、人質にしたセリョンの首に刀を当てる。「私を人質にしても無駄です。発ちました。」と言うセリョン。

ジョンが止めに入ったすきに、スンユが放った矢がシン・ミョンの肩に突き刺さり、双方の兵が入り乱れて戦うなかスンユはセリョンを連れ去る。

ジョンとミョンが言い争った時、クムソン大君の檄文を拾い、読んでしまうミョン。「謀反を企てていたのか?」と怒鳴るミョン。チョン・ジョンは謀反の企てがばれて連行されてしまう。

激怒した世祖は 首謀者クムソンには毒を下し、ジョンには 翌日、八つ裂きの処刑を命じる。ミョンはジョンに「お前を助けにスンユが来るはずだ。ここに来たら最後だ。俺の手で殺す。」と怒鳴る。「俺をおとりにするのか。殺し合わず、助け合う友になれ。先生の言葉を忘れたのか」と言うジョン。

ジョンに会おうとするキョンヘに ミョンは「救う方法はあります。ジョンに、生きるよう説得してください。スンユの所在を明かすのでもいい。そうすればジョンを助けます。」と言う。

キョンへは ミョンの言葉を伝えるが ジョンは「処刑は明日です。ミョンが救おうとしても、スヤンが許さぬでしょう。スンユまで一緒に殺す気なのです。私はもう、死を免れません。スンユまで死んだら、誰がスヤンを討つのですか?」と言って逃げようとしない。

キョンへは ジョンの手を自分のお腹に当て「生きたくないのですか?」と言うミョンは「生きたいです。何としても生きたい。ですが、もし助けに来れば、スンユまで命を落とします。スンユに処刑の話はしないように」と言って キョンへに諭す。二人で涙の別れをする。

計画が知られ、ジョンが捕まったとパク・フンスに言うスンユ。武器の管理が厳しくなり、火砲は使えない。ジョンを助けて、計画を練り直すと言うスンユ。

キョンヘは「明日、処刑されるわ。」とセリョンに話す。スンユに知らせて助けに行くと言う セリョンを止めるキョンへ。「行かせてはならない。無駄死にさせたくないのなら 明日、処刑されることは黙っていて」と言うキョンへ。

「スンユ殿まで亡くなったら、あなたの父を討てない。2人とも失うわけには」と涙を流すキョンヘは スンユに「警戒が弱まったらジョンが連絡をくれる」と嘘をつく。必ず助けると言うスンユ。無言で2人を見つめるセリョン。
 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」21話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」21話「それぞれの愛」

「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)21話「それぞれの愛」

世祖は セリョンを宮殿に連れ戻すが、スンユをかばい反抗する娘に激怒。「スンユと手を組んで、私を殺すつもりか!縁を切ってやる。シン判官の使用人になれ!」と命じて追い出してしまう。

「縁を切りました。イ・セリョンの名を捨てて、使用人としていきます。」と言うセリョン。臣下に王女の身分を剥奪、使用人にすると言うスヤン。

シン・ミョンは自邸に連れ帰ったセリョンに「王様の怒りが静まるまで」と客間に通そうとするが、「構わないで下さい。謝る気はありません」と拒否する。

「許可なく宮殿をでたのは スンユの為か?」と言うミョンに「あの方の名をむやみに口にしないでください」と怒るセリョンに激怒するミョン。「スンユには二度と会わせない。うちに来たから そなたは私のものだ!」と言って セリョンを軟禁してしまう。

キム・ジョンソの部下たちが集まり、いよいよ決起すると言う日、王様が王女を婚約者の使用人にしたと言う噂を聞いたスンユは セリョンを助けにミョンの屋敷にかけつける。「大虎が来た!」と言う声にミョンは セリョンに「お前の目の前でスンユを殺してやる」と言って出て行った。
 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」20話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」20話
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君(キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)20話「絶縁の果てに…」

セリョンは父、世祖の目の前で髪を切り、親子の縁を切ると宣言し宮殿を出て行く。キョンへの元を訪れ、父親と縁を切ったと報告する。驚くキョンへ。セリョンは「父を敵にまわせるのかと聞かれ、答えが出ました。父が悪行を繰り返すのなら、あらん限りの力で立ち向かいます。」と、キョンヘに言うセリョン。

一方、チョン・ジョンとともに流刑地に行くキョンヘ王女は、ひとりで別の 流刑地に送られる端宗(タンジョン)に会い、「生きていれば いつか必ず再会できる」と励ます。

チョン・ジョンの旅立ちの日。見送りに来たスンユは、「スヤンを 討つ兵を集める」と 再度、世祖を討つ決意を告げる。「クムスン大君に会って助けてもらえ」と話すジョン。スンユは セリョンが髪を切り 僧法寺に行ったと聞かされる。

寺を訪ねたスンユはセリョンに「戻れ」と言うが「戻らない」と言うセリョン。そこへ親子の縁を切ったことを知ったミョンも現われる。ミョンは セリョンの手を掴んで 宮殿に戻そうとするがセリョンは「舌を噛むと言ったのは冗談だと思うのですか?父と縁を切り、王女の座を捨てた私です。何も恐れません」と言ってミョンをにらむ。

諦めて帰るミョンを見て スンユは「ついてこい」と言ってセリョンの手を握って 隠れ家に連れて行く。セリョンを連れて来たスンユにあきれる ソクチュたち。
『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」19話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」19話「別離 再び」
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)19話「別離 再び」

シン・ミョンと会ったスンユは ついに覆面を取り、自らの正体を明かす。驚がくするミョンに「必ず お前とスヤンを殺す!」と宣戦布告し去って行った。

スンユは捕らえられたチョン・ジョンたちを救うため、牢獄襲撃を計画。妓楼に戻ると、セリョンが待っていた。

「あなたに協力します。」と言うセリョン。スンユは「そなたの父を殺すのだぞ。」と言うが「これ以上、犠牲が出るのを見ていられません。」と言うセリョン。

スンユは、ソクチュに リュと姪家族を頼む。ソクチュは「助けた命だ。勝手に死ぬな。俺も一緒に行く。」と言い、ノゴルも行くと言い出す。

一方、「キム・スンユが生きていた」と驚くスヤンは 人質になった時も黙っていたセリョンを思い出し、スンユとセリョンの事が知られるのはまずいと、セリョンを捜させる。さらに、ジョンたちを拷問にかけ、スンユの居場所を聞くスヤン王だが、「玉座を盗んだスヤン!」とイ・ゲ達に言われてしまう。

「私を王と受け入れれば、罰に問わぬ。」と言うスヤンに「命尽きても永遠に 前王様の臣下であり続けます。」と叫び「あの世でスヤンの悪事を報告します」と言うジョンたちに「スヤン」と呼び捨てにされ、激怒したスヤン王は「八つ裂きの刑にしろ!」と叫んだ。ジョンと 師匠イ・ゲから目をそらすミョン。

セリョンは スンユたちを 自分の護衛兵にしたて、宮中へ入れる。別れる時、スンユに「離れていても、心はおそばにいます」と言うセリョン。

セリョンが戻ったのを怪しむミョンは、牢の見張りをやめる。見張りがいないことに不審を感じながら、ジョンとイ・ゲらを牢から脱出させようとするスンユ。

しかし、イ・ゲ達は「この身が 死んでも、歴史に名を残す道を選んだ。我々の名が歴史に記されば、後世の人々にスヤンが犯した悪行を知らしめられる。」と言って 牢を出ようとしない。

「ジョンや 師匠まで失いたくありません。」と必死に言うスンユだったが、皆の決意は固く、「あとはスンユに託す」と言って動こうとしない。ジョンも「キョンへ王女様を頼む。」と言って静かに座っていた。どうしても連れ帰ろうとする スンユを連れ出すソクチュ。
『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」18話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」18話「決起の行方」
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)18話「決起の行方」

セリョンは、スンユが師匠イ・ゲに 父のスヤンを討つ決意を語るのを聞いてしまう。スンユたちは セリョンの姿に気づき驚くが、そこにミョンが来たと知り、セリョンが ミョンに話すのではないかと 恐れる。

キョンへは スンユとセリョンを部屋に残す。セリョンは「何を企てているのですか?」と聞くが「知らぬ方がいい。」と答えるスンユ。「危険です。」と心配するセリョンに「父が殺されたことは 忘れようとしても忘れらない。」と言うスンユ。

セリョンは「父を殺せば、本当に気が晴れるのですか?」と言うが、「元凶まで消し去れば、私の心は平穏を取り戻す。」と言うスンユ。

そこへ ミョンが セリョンを呼びにやってきた。スンユをかくまい、部屋を出るセリョン。セリョンに計画を聞かれたか心配するイ・ゲ達。スンユとキョンへは信頼できると言うが「父親が殺されるなら別です。家族への思いは複雑なものです」と言うジョン。

イ・ゲはスンユに「王女様と恋仲なのか?もし、そうならば、ここで手を引け。一生、罪悪感で苦しむぞ。」と忠告した。

夜遅くキョンヘが病気と言われ、見舞いに来るセリョン。キョンへは 昼間のことを父親に話していないか尋ねた。何も話していないと言うセリョン。

スンユは「俺が父の死を忘れられぬように、あなたも父の死を一生、悲しみ続けるだろう。家族を失う悲しみは誰よりも知っている。あなたが心配だ。だが、あなたの父親は 俺の手で殺す。だから俺を忘れて欲しい」と言うスンユ。

セリョンは「無実の人々の命を奪った恐ろしい父親など、いないほうがいい・・。そう考えました。でも、先生を助ければ父は死に、父を助ければ先生は死にます。私にどうしろというのですか!」と泣き出すセリョン。

スンユは「あなたの父により、深い傷を負ったが、あなたのおかげで 少しの間 痛みを忘れられた。感謝している。」と言って去ろうとした。

「どこか遠い場所で!見知らぬ土地で、一緒に暮らしましょう!」とスンユの背中に 抱きつくセリョン!一瞬立ち止まり 愛おしそうにセリョンの頬を触るスンユだったが、セリョンの手を離し、「どこへ行こうと スヤンの世だ。」と言って去って行った。あ~ ロミオとジュリエットだね~!
『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」17話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」17話「苦悩する新王女」
王女の男 総集編 後半放送予定
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

王女の男 総集編 後半は BSプレミアムで
12月30日(日)午後9時00分~10時00分放送予定です。
見逃した方 お楽しみに!

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)17話「苦悩する新王女」

セリョンはシン・ミョンに見つかりそうになったスンユの腕をつかみ、路地に引き込み隠れる。スンユはセリョンの顔を見て驚く。「お姉さまたちは 生きています。」と言うセリョンの言葉を信じられず、その場を去るスンユ。

妓楼でスンユを待っていたセリョンは、再び義姉とめいがまだ生きていることを伝え、自分の目で確かめるよう告げた。スンユは セリョンを馬に乗せ 一緒に 義姉の元へ走る。途中 矢で受けた傷が痛むセリョンを気づかい 走るのをやめ 歩くスンユ。

義姉のリュ氏と姪が住んでいる家に、スンユを連れて行くセリョン。リュ達に再会するスンユ。リュは セリョンのおかげで、静かに暮らすことができていると知る。「幸せに暮らしてください。」と言うセリョンに 感謝するスンユだったが「会うのは、これきりに」と言うスンユ。スンユは 妓楼に二人を置いてもらう。

スンユは 父達を襲撃した犯人二人を殺し、大虎と書き遺す。戻るとイ・ゲがいて「やみくもに人を殺しても、スヤンまで刀が届くわけではない。大望を果たすのだ。」と共に力を合わせて戦おうと言うイ・ゲ。

しかし、「友人に裏切られて、誰も何も信じられません。」と言うスンユに スヤンを侮るなと警告するイ・ゲ。
『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!

セリョンは 連れ戻され 王女として かつてキョンヘがいた部屋に入れられる。その部屋で出会った スンユとのことを思い出すセリョン。

遺体が見つかり、民も騒ぎだし、急いでスヤンは第7代王、世祖(セジョ)に即位。あとは明国の大使から即位の承認を受けるだけだった。

キョンへは「キム・ジョンソの息子スンユが生きています。」とタンジョンに言って、王を支持する者も多いと言い、「明の使節団が来る時、志を共にする者がスヤンを排除します。」と言うジョン。

即位を認められれば、スヤンは必ずタンジョン上王を廃位するから 使節団が来た時が最後の機会だと話すタンジョン派。上王を復位させると言うイ・ゲ。スンユは 「タンジョンの復位をすることが父の望むことだ」とイ・ゲたちの仲間に加わる。

スヤンは タンジョンが 明の使節団が来た時、変な事を言いださないかと心配になり、そばを離れないように言う。ミョンフェは ミョンに「イ・ゲたちが集まっている。その中にジョンもいるから、反乱を企てている。」と言った。師匠のイ・ゲに「ジョンと会っているのですか?会わない方がいい」と探りを入れるミョン。

キョンヘに挨拶に行くスンユ。イ・ゲらとスヤンを討つ計画を明かす。スンユは「復讐は悲願です。成功させるためには命を投げ出します。」と言った。それをキョンへを訪ねて来たセリョンが聞いてしまう。


 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」第16話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」第16話「即位の日」
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)第16話「即位の日」

スンユは首陽(スヤン)側の温寧君(オンニョングン)を斬り捨て、亡き父、キム・ジョンソの別名「大虎」の字を血で書き残す。

スヤン一派を狙う「大虎」を名乗る正体不明の敵にいらだつスヤン達は、タンジョン王からの譲位を 早めるよう進める。

端宗(タンジョン)は 王座を狙うスヤンが無残に人びとの命を奪うのを止めるため、クムソン達の命と引き換えに 譲位を決意。クムソンの命は助け、流刑地に送り、ジョンは罪に問わないと約束するスヤン。「聖君になってください。」と言うタンジョン王。

ジョンに会いに来たスンユに「復讐などやめろ」と止めるジョン。二人の会話を聞いてしまったイ・ゲは明るかったスンユが別人になってしまったことに驚き、「お前はやめろ。私がスヤンを阻止する。」と言うがスンユは「先生は先生の道を・・私は私の道をいきます。」と言って復讐を続けると話す。
『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!

セリョンは 父が王位に就き、自分も じきに王女になると母から知らされる。セリョンは満足の笑みを浮かべる父に「満足ですか?多くの血を流して・・キム・ジョンソ様がご存命なら、玉座は狙えなかったはず・・。恥辱に満ちた王女などなりません。」と言って逆らう。怒るスヤンの前からセリョンを連れ出すミョン。

「スヤン様が即位なされば、お嬢様は王女様となり、私はその夫になります。」と言うミョンに「私を妻にする愚かな夢をまだ、みているのですか?死体と添い遂げたいならご自由に」と冷たく言うセリョン。セリョンは「この国の王女はキョンヘ様だけです。」と手紙を置いて家を出てしまう。

譲位の知らせはすぐにスンユの耳にも届く。ソクチュはスンユに「王女になる前に、あの女と駆け落ちしろ。子供を育てれば復讐など忘れる。」と言うが・・・。

シン・スクチュを襲うスンユだが、ミョンが来て闘うも、逃走するスンユ。

ミョンは 護送船から生還した者が 妓楼にいるとの情報を受け、駆けつける。ソクチュがおとりとなってスンユを逃がす。スンユはミョンに見つかりそうになるが、そこへ来たのは セリョン。スンユをかくまう。セリョンを見て驚くスンユ。


年末年始は カニざんまい!
カニ かに 徳用 ボイル ずわい蟹 姿3kg(4-6匹入り/4-8人前)
カニ かに 徳用 ボイル ずわい蟹 姿3kg(4-6匹入り/4-8人前)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」第15話 [韓国ドラマ 王女の男(姫の男)]

韓国ドラマ あらすじ 「王女の男(姫の男)」第15話「苦渋の決断」
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック
「王女の男」オリジナル・サウンドトラック

出演者
キム・スンユ  (パク・シフ)キム・ジョンソの末息子
イ・セリョン  (ムン・チェウォン)首陽(スヤン)大君の長女
シン・ミョン  (ソン・ジョンホ)漢城府の判官シン・スクチェの次男
キョンヘ王女  (ホン・スヒョン)朝鮮王朝第5代王・文宗の長女
スヤン大君   (キム・ヨンチョル)文宗の弟、後の朝鮮王朝第7代王・世祖
チョン・ジョン (イ・ミヌ) スンユの友人、キョンへの婿
ホンウィ/端宗(ノ・テヨプ)文宗の息子キョンへの弟第6代王

韓国ドラマ あらすじ 王女の男(姫の男)第15話「苦渋の決断」

スンユ(パク・シフ)をかばったセリョン(ムン・チェウォン)の背中にシン・ミョン(ソン・ジョンホ)の放った矢が突き刺さる。スンユは目の前で崩れ落ちるセリョンを抱き留め、ぼう然として動けない。

シン・ミョンの兵が来る寸前に 陰からチョ・ソクチュらが現れ、立ちすくんでいた スンユを連れて逃げる。

「お嬢様は犯人を庇ったようです。」と 首陽(スヤン)大君に言うミョン「おびえただけだ。」と言うスヤン大君。スンユに 矢を受けたはずのスヤンは 何事もなく 自分で矢を折っていた。やっぱり 服の下に 矢を防ぐものを身につけていたんだ。

セリョンを思い やけ酒を飲むスンユに 娘は無事だと教えるソクチュ。

スヤンらは錦城(クムソン)をセリョン誘拐の黒幕に仕立て上げ、始末すると決め、チョン・ジョンの排除にも動く。シン・ミョンはまだ親友だと信じているチョン・ジョンを自ら連行することに。

「娘を人質に、スヤン様を殺害しようとした容疑だ」と言うミョンの言葉に 激怒して ジョンを 守ろうとするキョンヘ。しかしジョンは「捕らわれる姿を見せたくない」と 部屋にキョンヘを残し、出て行く。

ミョンは ジョンに「計略に協力するために、私とセリョンの婚礼の付き添いを引き受けたのか?そうじゃないだろう 友達として 俺の婚礼を祝いたくて付き添いを引き受けてくれたんだろう?」と疑う。

ジョンは「その程度で 裏切りを感じるのか? 家族を失い、非業の死を遂げたスンユに比べたらずっと ましだ。お前が選択した道だ。」と皮肉を言った。

「お前だけは 理解してくれると思っていた。しかし、お前はもう友人ではない。」と言うミョンに ジョンは「お前こそ なぜ俺を捕らえる?人質の件とは 関係ないのを知ってるだろう。スヤンが 俺を始末するために罪を着せたと知りながら」と ミョンをにらむ。これで親友の絆は切れてしまった。

投獄されたジョンは 同じく捕えられたクムソンと会う。

意識を取り戻したセリョンは、父のスヤンに犯人の事を聞かれるが、目隠しをされていたので顔は見ていないと答えた。

『コリアンプリンスレッスン』 韓国語を勉強したいけど、なかなか続かない・・・ でも韓国の俳優さんや歌手、ドラマは大好き! そんなあなたの悩みを解消する、楽しみながら学ぶ韓国語教材!


ミョンは地域の頭、コン・チルグと会い「スヤン大君の命を狙う者がいる。」と言って捜すよう指示する。妓楼に来たチルグは、元はソクチュの手下だったが チョヒを脅して来るので、助けるスンユ。スンユの武術はすごいと話すキーセンたち。

ワン・ノゴルが、自分の父は「キム・ジョンソだ」と言い出し驚くスンユ。だが無視している。その様子を見ていたソクチュが「王族の娘が連れ去られた犯人は 王女の夫だったらしい」と話す。それを聞いて スンユは 自分の身代りに 無関係のジョンが犯人にされたことを知り驚く。

宮殿では クムソンと チョン・ジョンが 捕えられ 尋問を受けていると知り驚くタンジョン王。義禁府に移動しろとの王命を無視したスヤン大君は タンジョン王に罪人を1箇所に集めたと言い訳する。

タンジョン王は「キム・ジョンソ、アンピョン、クムソン、チョン・ジョン・・次は誰ですか?私ですか?」とスヤンを非難して言った。「聖君になれる機会を与えてくれないのですか?」と言うタンジョン王に「言うのはたやすい」と言うスヤン大君。
「キョンヘ王女は 捕らえなかった」と言ってタンジョン王を 脅すスヤン。

スヤンの家を訪ねたキョンヘは「夫と、叔父上を助けて下されば、おとなしく暮らします。」と土下座して 頼むが「国法には背けない」と冷たく言うスヤン。

キョンヘが来てるのを知ったセリョンは 父に、「また、私を口実に無実の者を殺めるのですか。犯人は知らない者です」と言うが、「クムソンらが動いてる可能性もある。」と、言うスヤン。

セリョンは 父に「なぜ流罪するはずの 船を沈めさせたのですか。騙されて心外です。」と怒る。どこでそれを聞いたのかと驚くスヤン。

セリョンは「お父様を信じません。婚礼を強要なさるなら、婚礼衣装を着たまま舌を噛みます。」と言って ミョンとは結婚するつもりはないと告げた。「なぜ、犯人をかばうのか?」と尋ねるミョンにも無視のセリョン。

翌日、タンジョン王は 皆を助けるため、スヤン大君に王位を スヤンに譲ると宣言した。それを聞いてショックで倒れるキョンへ。

スンユは 密かに ジョンに会いに来た。スンユが生きていたことに驚き喜ぶジョン。「自分のせいで、つらい思いをさせてしまった」と謝るスンユ。

ジョンを守るため、スヤンに恨みを持つものが別にいることを教えるため、復讐を 開始するスンユ。スヤン大君の仲間 温寧君(オンニョングン)の屋敷に侵入し、「貴様の首をもらいに来た・・」と脅し、自分の顔を見せるスンユ。


 

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 韓国ドラマ 王女の男(姫の男) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。