So-net無料ブログ作成
検索選択

SKIN&LAB 5種類のビタミンクリーム

帝王の娘 スベクヒャン17-18話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン17-18話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





17話

姉を探す ソルヒに「人探しか?」と尋ねるチンム公。
恐怖で かんざしを握りしめ、走り去る ソルヒ。

しかし、血の付いた靴を落としてしまい、チンムは それを見て怪しみ、
部下に ソルヒを 探すよう言いつける。

後をつけられているのに気づいたソルヒは 自分が 落ちそうになった
崖に 男を 誘導し、崖から 落とそうとした。

崖から落ちそうになった男は 手を伸ばし、ソルヒに助けを求めるが、
ソルヒは かんざしを男の手に突き立て 男は 崖下に落ちて死んでしまう。

男の死体をみつけたチンムは ソルヒを 探そうとしたが、ミョンノンが
近くにいるのを知り、会うのを恐れて 引き返す。

ミョンノンは 煙が上がっているのを見つけ そこへ向かった。
そこはチェファたちの家だったが、何者に襲われた様子を見て、
王様が待っている女人が襲われたなら 王様の身にも危険が迫っていると、
急きょ 王宮に戻るミョンノン。

頭のおかしい女人のふりをして ミョンノンをやりすごしたソルランは
医者の元へ行き、薬をもらって 急いで母の元へ戻ろうとしていた。

男をかんざしで刺して殺してしまった恐怖で震え 口もきけないソルヒは
何とか母の元へたどりつく。

意識を取り戻したチェファは 両眼を奪われたのは 父を殺したユンのことを
思い続ける自分のことを 父が怒って 二度とユンの 姿を見られないようにしたのだと思う。

そして、ユンに スベクヒャンと ソルヒを守ってもらうしかないと考える。

無言で戻った ソルヒ。ソルランが ソルヒに渡したかんざしを 手で確認したチェファは そこにいるのが ソルランだと勘違いしてしまう。

何を聞いても 恐怖で 声を出せないソルヒに ソルランだと思いこんで話始める チェファ。

「クチョンは お前のお父さんではないの。ソルラン。お前の父親はね
百済の 王様なの」「お前の本当の名前を 告げれば わかるはず」
「お前の 本当の 名前は ソルランではなく スベクヒャンなの」

「王様は お前と私を待っているわ。でも私はもう王様を見られない。
お前は 名前を告げて 王様に会うの。すべてをお話しして 助けていただきなさい。そして、ソルヒも 救うの。これしかお前たちを救う方法はないの」

「ソルラン!王様に会うと約束して。お前にこのかんざしを託すわ。
このかんざしを見れば 王様も おわかりになる」と言って
頭のかんざしを 渡そうとしたが、逃げる途中で 落としたことに気づく。

「あのかんざしを 覚えているでしょう。王様はあのかんざしで 私の髪を結ってくださったの あのかんざしを さがして!」

そう言って ソルヒの顔にふれたチェファは それが ソルヒだと知り
ハッとする。

「お前は ソルヒだったのね」「ソルランを呼んできて!」「ソルラン!」
息もたえだえに ソルランを 呼ぶチェファ。

ソルヒは 衝撃の事実を知り、ソルランには 知らせてはいけないと思う。
洞窟を出て ソルランを待つソルヒ。

チェファの 命は 尽きようとしていた。
薬を持って必死で 母の元へ走る ソルラン!

18話

薬を持って 必死に駆けつけたソルランに ソルヒは 
「お母さんは おかしくなってしまったの。だからお母さんのいうことは 信じないで」と言って
ソルランが 母の元へ 行かないように 邪魔をする。

二人の話す声を聞いたチェファは 必死でソルランを呼ぶが、声が出ない。
「ソルヒ!ソルランの 地位を奪っては だめ」と言うが声は届かない。

ソルランが ソルヒを振り切って チェファを 抱きかかえるが、
すでに チェファの意識は 薄れていた。

チェファは ユンの会った時のことを思い出しながら 息絶える。

そのころ、武寧王も チェファと初めて会った時のことを思っていた。
へ・ネスクに「チェファに 毎年同じ時に そなたを待つと伝えてくれ」という。
「待っていれば 一度は会えるかもしれない」と言う王様。

ミョンノンが戻るが、チェファの家は 焼かれていたことをへ・ネスクに伝え、
王様には しばらく内密にしようと言った。

今年で 19歳になる 王様の娘がいることを へ・ネスクから聞かされ驚くミョンノン。
チェファと会えず、気落ちしている王様を気遣い 王宮に戻るよう提案するミョンノン。
チェファに会うのをあきらめ 帰る決意をする 王様だった。

ソルランは チェファが何か言い残さなかったか ソルヒに尋ねるが、
ソルヒは 何も言わなかったと嘘をつく。

ソルランは 母さんは 窮屈な場所がきらいだったし、火も怖がっていたから
亡骸は 川に流して弔おうといって 花も飾ろうと ソルヒに言う。

崖の上で 亡くなった両親や 村人のために 祈りをささげるソルラン。
そして、「みんなを殺した奴らを探し出して 切り殺してやる」と
涙ながらに 誓うのだった。

~~~~

悲しいわかれ、チェファとクチョン チェファと王

そして スベクヒャンの真実を知ったソルヒは 
真実を ひた隠しにする。

そんなソルヒの心も知らず、
ソルランは 二人きりになって、妹は自分が守るのだと思っている。

ソルヒは だんだん本性が あらわれてきましたね。
美人だと ほめられて生きてきたから 
姉が王の娘だと言うことが ゆるせないんでしょうね。


ミョンノン役のチョ・ヒョンジェさん 
「私の期限は 49日」良かったな~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。