So-net無料ブログ作成

SKIN&LAB 5種類のビタミンクリーム

帝王の娘 スベクヒャン11-12話 [韓国ドラマ 帝王の娘 スベクヒャン]

帝王の娘 スベクヒャン11-12話

■キャスト
ユン/武寧(ムリョン)王役:イ・ジェリョン
へ・ネスク役:チョン・ソンモ
クチョン役:(チェファを見守る家来)役:ユン・テヨン
チェファ役(スベクヒャンたちの母):ミョン・セビン
ソルラン役:(ソ・ヒョンジン)
ソルヒ役:(ソウ)
ミョンノン役:(太子)チョ・ヒョンジェ
チンム役:(ユンの実子だが、先王の息子として育てられる)チョン・テス





11話

ミョンノンは 高句麗の 密偵を捕まえた。

一方、チンムは 王に許しを請いに来るが、武寧王は
「それでも 東城王の息子か!」と激しく 怒り 追い出してしまう。

ミョンノンは チンムを許すよう 王に 口添えする。

チンムに 王が 怒るのはチンムを 寵愛しているからだと言うミョンノン。
チンムのことになると 冷静さを失うのが その証拠だと話す。

しかし、チンムは 王が 自分のことを目障りに思っていると 話す。

武寧王は 新しく王妃に迎えたウネ王妃の元へ向かう。
ウネ王妃は へ・ネスクの娘だが、まだ年若く 幼い王妃だ。

王妃は ネスクと二人になると 父と娘に戻り、王様が 自分のことを 
女としてみてくれないと 泣く。
そして、チェファのことを王様が 忘れられないと話す。

ミョンノンの為の宴の席で 王は チンムに 「先王の東城王に学べ」と
話すが、チンムには それが面白くない。

チンムを 育てた 先王の家臣 ヨン達率は チンムのことを「太子」と呼び、
チンムが 王座につくべきだと 教え込んでいた。 


チンムは 王が カヤに 出向いたとき、暗殺する計画をしていると話す。
12話


ソルヒと ソルランは チェファから 危ないから近寄ってはいけないと言われていた 
崖の側を通りかかり、ソルヒは 花を摘もうとして 崖から落ちそうになる。

ソルランに 助けを求めるソルヒ。花を捨てるように 言って助けるソルラン。

二人は 道に迷い 怪しげな男に つかまりそうになるが、
必死で逃げる途中 ソルランが転んで 取り残されてしまう。

家に戻ったソルヒは ソルランのことは知らないと ウソをつく。

ソルランを 捕まえた男たちは ソルランがクチョンの娘だと知り、
あわてて 手放し、ソルランは クチョンと一緒に 無事に家に戻った。

チェファから 何をしていたか問い詰められるソルランだが、
ソルヒをかばって 何も言わなかった。

ソルランは 父クチョンは いつも 自分を守ってくれると言うが、
ソルヒは「お姉さんは いい子ぶって 黙っている」と姉を非難する。
そして「母は ソルランだけ大切に思っていて、自分は 口も耳もきけない父親がきらいだ。
百済の国の人に生まれたかった」というソルヒ。 

そんな時、王様が カヤへ来ると言う情報が入る。
王様を一目みたいと こっそり 見に行く二人。

チンムは この機会に 王様を 暗殺しようと計画をたてる。

暗殺者が 王様に 近づく・・・。

~~~~

ソルヒと ソルランの 性格が はっきりわかる回でした。

美しい妹 ソルヒが 自慢で 大切に思うソルランに比べ、
自分は 田舎ではなく きらびやかな人生を 歩みたいと思っているソルヒ。

そして、実の父を 殺そうとするチンム。

おもしろくなってきた。

イ・ジェリョンさん 商道から比べると 貫禄ついて 王様役似あってますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。